Haru Haru Baby

Haru is my dear boy who was born on June 23rd, 2014.

かかりつけ医で再診 

朝、いつも通り私の上に乗ってお越しに来てくれたはる。
目はちゃんと開いていて、目やにや涙もなし。
目を気にして掻いていることもないものの、何となくいつもほどの機敏な動きはなし。

何より心配だったのが鎮静剤を使ったことだったので、急遽午前中休みを取って、いつもの病院へ。

相変わらず、別猫のようにかたまるはる。
先生や看護師さんたちに、「怖いねー、いい子だねー、偉いねー」と散々やさしい声をかけていただきながら、目を診てもらい、ライトを当てる検査も。

先生からは、昨日の夜間往診の診療報告書の内容や薬の説明を、改めて丁寧にしていただきました。
そして、目薬を2種類追加することに。

黄色いキャップ(オフロキサシン)が昨日いただいた目薬で、これは抗生物質なので結膜炎を良くするための目薬とのこと。
今日追加になった2種は、目の傷を治すための目薬とのことです。

20170328_103517.jpg

先生にも、「ここに来れば鎮静剤しなくていいねー」と声をかけてもらっていました・・・
おっしゃる通りです(苦笑)

次は土曜日に、もう一度診ていただくことに。

<病院MEMO>
【会計】計4,920円(税抜)
 往診料:1,000円
 細隙灯検査:1,500円
 点眼薬:2,100円
 点眼薬:320円(80円×4本)


--------

帰宅後、昨日と同じような状態だったらどうしよう・・・とびくびくしながら玄関を開けましたが、目もいつも通りの見た目でしたし、走り回っていたので、昨日よりは快方に向かっているのでしょう。
一安心です。

ぱっちり開いたお目目で、結びビニールに狙いを定めておりますw

20170328_214229.jpg


§ランキングに参加しています
   ↓

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ


  
スポンサーサイト

Comment

Name - moka  

Title - お大事にしてください〜

Kauruさん、ブログ拝見してびっくりしました。はるくん、大変でしたね。でも大ごとにならずに本当に良かったですね(^^)
夜間往診は確かに非常に高額ですよね。我が家はまだ幸いにもお願いする機会はありませんが、万一に備えて夜間往診して下さる獣医さんの情報はキープしています。
はるくん同様、救急外来に連れて行く事による猫のショックを考えると、症状にもよりますが往診はありがたいですし選択肢として必要だと思います。
はるくん、このまま完治するように願っています(^^)
2017.03.29 Wed 10:37
Edit | Reply |  

Name - Kauru  

Title - >mokaさん

私もあまりのことにびっくりしてしまい・・・
本当に、片目が完全に閉じた状態でした・・・

最初に紹介された救急病院は車で30分以上かかる場所だったので(亀戸)、移動のストレスを考えると、夜間往診はありがたいですよね。
そして、必ず私の見ている前で処置してくださるのも、安心材料のひとつではあります。

高額なのは致し方ないですが、「保険入っててよかったーーー」と心底思ったのも事実です^^;

快方に向かっているようなので、このまま様子見て、土曜日に再度あの病院(笑)で診てもらいますー!
2017.03.29 Wed 18:56
Edit | Reply |  

Add your comment