Haru Haru Baby

Haru is my dear boy who was born on June 23rd, 2014.

【セミナーレポート】ひとも どうぶつも 暮らしやすい コミュニティカフェ(第1回) 

中央区と「動物と暮らしやすいまちづくり会」で協働して運営している事業の一環で、コミュニティカフェが開催されました。
全3回のイベントで、9~10月には日本橋で開催され、今回は月島地区での開催です。

3回目に東京猫医療センターの服部先生がスピーカーとしていらっしゃることがいちばんの参加動機ですが、その他、災害を考えるイベントでよくお名前を拝見する平井潤子さんも2回目のスピーカーでいらっしゃるので、とても楽しみにしていました。

結論から申しますと・・・
第1回目は、個人的には物足りない、残念な結果と相成りました。

会場に到着すると、いくつかの島が作られていました(セミナー形式だと思っていたので、初っ端から面食らう私w)
グループは事前に決められており、今回はある程度居住地区でグルーピングしたとのこと。

残念だったポイントその1。
私と同じグループの方々は、みなさんワンちゃんとお住いの方でした。
もちろん、動物の種類を限定しているわけではないのでそういうこともあるとは思いますが、できれば同じ地区に住む猫飼いさんと、災害時の備えなどについて話したかったのです。

そして、残念だった(ある意味最大の)ポイントその2。
今日のトピックス、完全にワンちゃんフォーカスだったのです。
第1回目は、中央区で起きているペットに関する諸問題を取り扱うというところまでは事前に告知されている内容でしたが、今日のテーマだったら、1回目は欠席していたかもしれません(苦笑)

もちろん、猫犬関係なく、中央区の現状を学び、それに対しグループで意見交換をすることの意義は分かります。
ただ、はっきりいってここまでウェイトをワンちゃんにかけられるとは思っていませんでした。

残念だった(些細な)ポイントその3。
時間設定等の細かい運営は、改善の余地がありそうです。
(開始30分後の休憩は不要でしょ、アンケートは一度締めてから記載して書き終わったから流れ解散がよいのでは、等)

・・・と、ネガティブなことばかり書きましたが、もちろん収穫はありましたよ。
中央区で動物関連に携わっている方がご自身もワンちゃんと暮らしていらっしゃって、動物への愛情を持った方であると知れたこと、実は中央区も発行していた災害時のペット関連のリーフレットがあることを知れたこと。

そしてもちろん、「動物と暮らしやすいまちづくり会」のメンバーとして活動されている方々も、心からリスペクトしております。
こういう会を開催していただけることも、動物と一緒に暮らしている身からすればありがたいことですしね。

だからこそ!
クオリティをより上げたい(上げてほしい)、と願ってやまないわけです!w

また、2~3回目もレポートはあげます、文字ばかりですがw

★オフィシャル開催報告
「第1回 月島区民センター会場」11月1日(火) 開催報告


§ランキングに参加しています
   ↓

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ


  
スポンサーサイト

Comment

Add your comment